きらりのおめぐ実で効果が出ない人の間違ったケアを訂正!

きらりのおめぐ実で効果が出ない人必見理由を教えます!

サプリメントって即効性を期待するべきでありません。

 

きらりのおめぐ実を購入して効果が出ないと言っている人は頑張って3カ月は続けましょう。

 

あなたはきらりのおめぐ実を3カ月続けても効果が感じられないんですか。

 

  • はっきり言ってあなたのスキンケア危険です。
  • 多分間違ったスキケアしている可能性大です。

 

外的、内的の両面ケアで攻めれば普通間違いなく効果が生じるはずなんです。
その確率はかなり高いと私は考えています。

 

もう一度基本からあなたのスキンケア方法を見直してみましょう。

 

一番可能性が高いのが間違った洗顔方法をしているです。

 

ニキビケアの方法の最も基本となるのが洗顔なのですが、実際間違った洗顔方法をしている方が多いのです。

 

ある化粧品会社が洗顔方法の仕方のテストを一般の女性を募集して実施した調査結果を見たことがあるのですが、なんとプロの目からみると6割以上の方が間違った洗顔と判定を受けたそうです。

 

みなさん私は人一番洗顔方法には気を付けていると自信満々だったようなのですが、実際はこんな結果だったんです。

 

だから外的、内的の両面ケアで攻めて結果でないというあなたは洗顔方法が間違っている可能性が高いのです。

 

それでは正しいスキケア方法を紹介しましょう。

 

スキンケアの基本正しい洗顔方法

 

  1. 事前に手洗い。髪の長い人は顔にかからないようにまとめる。
  2. 予洗いする。
  3. 1日2回までとする。
  4. 手でゴシゴシこすらない。
  5. まず洗顔料をしっかり泡立てる。
  6. ぬるま湯ですすぐ。
  7. 洗う順番に留意。
  8. すすぎ残しに注意
  9. タオルでゴシゴシ拭かない
  10. 洗顔料は刺激の少ない肌に優しく油分の少ないものを選ぶ。

 

どうですか。
あなたの洗顔方法と比べてみてどうでしょうか。
この項目を見てあなたは内容理解できますか。
つまり項目のケア方法を説明できますかということです。

 

それでは簡単に内容説明していきますよ。

 

事前の手洗いと髪の毛のまとめ

 

まあこれはウオーミングアップ。
当たり前の世界。

 

手はあらゆるところを触るから雑菌だらけ、まず手を清潔にすることは当然のレベル。
そして髪の長い女子は顔にかからないようにまとめてから洗顔します。

 

予洗い

 

洗濯において予洗いって大切ですよね。

 

洗顔でも同様に大事なんです。

 

この時決して手でこすっちゃ駄目ですよ。
これから洗ったり、すすいだりする時全て注意が必要です。

 

バシャバシャとぬるま湯をかけるイメージで洗います。
これでまず肌に付いた汚れを落としてあげます。

 

洗顔方法

 

この洗顔回数って無知でまじめな人の落とし穴ですね。

 

洗顔の回数は朝と夜の1日2回が基本ですよ、知らなかった人はしっかり覚えておいてください。

 

まじめで熱心な人ほど一生懸命細目に洗顔しちゃったりするんですね。

 

良かれと思い必死で行ったケアが返ってニキビを悪化させていたなんて分かったら泣けてきちゃいますよね。

 

過剰洗顔は、肌の保湿成分のセラミドを減少させるので肌のバリア機能が低下するだけなんです。

 

これで乾燥を招き、皮脂が過剰分泌して、毛穴が詰まり、ニキビ悪化とお決まりのパターンでニキビ悪化です。

 

手でのゴシゴシ洗い

 

少しでも汚れを落とそうと手でゴシゴシこすったりしてませんか。過剰刺激はNG。
これは最悪の洗顔方法となります。

 

男子などは良くやっちゃてる見たいですね。

 

洗顔料の泡立て

 

まずは泡を作ってください。
当然濃厚なモコモコ泡ですよ。

 

泡立てネットを使えば簡単です。

 

そして作ったこの泡で優しく汚れを落とす。
泡を顔に乗せて広げていくイメージです。

 

ぬるま湯ですすぐ

 

あなたは洗顔の温度まで気配りできていますか。

 

温度管理はすごく大事なんですよ。
32〜34度くらいのぬるま湯を使用しましょう。

 

人肌よりも少し低めの温度です。
いちいち温度管理するのも大変なので手の感覚で覚えてしまいましょう。

 

最近は蛇口で温度設定できる機能付きであることが多いので便利ですね。
この機能が付いていれば問題なしです。

 

どうして温度管理が大切かというと

 

水道水の冷水を使用すると、冷えで毛穴が一時的に縮むため、毛穴が洗いにくくなってしまいます。

 

急激に肌を冷やすと赤ら顔や乾燥の原因にもなります。

 

熱めのお湯を使うと皮脂や汚れは良く落ちます。
その反面皮膚表面でバリア機能を果たしてくれる必要な皮脂まで落とし過ぎて乾燥などの原因になります。

部位別大人ニキビ

洗う順番

 

洗顔の順番は肌の強い部分から弱い部分へが基本。

 

右の図の通り、皮膚が厚く皮脂の分泌も多い額や鼻のTゾーンから洗っていきましょう。
次にデリケートな部分である額、鼻筋、頬と洗います。
最後は、目の周辺など肌の薄い部分を軽く洗います。

 

すすぎ残しに注意

 

すすぎは何と30回以上が基本、ひたすらすすぎます。

 

特にあごやおでこ、こめかみ、髪の生え際など泡が残りやすい所は気を付けてきれいに洗い流しましょう。

 

タオルでの拭き取り

 

最後のタオルのふき取りでゴシゴシ刺激を与えたりしたら、これまでの努力が水の泡ですよ。

 

優しくポンポンと肌に軽くパッティング方式であててふき取るといいですよ。

 

また当然ですが清潔なタオルを使用しましょう。

 

スキンケアに適した洗顔料の選び方

 

正しいスキンケアに適した洗顔料を使用することがとても大切です。

 

気を付けるべき3つの成分

 

  • 合成界面活性剤:洗浄力が強く肌の乾燥の原因
  • スクラブ:スクラブの粒子が大きく肌を傷つけ乾燥させる
  • 油分:肌に油膜を作り美容成分の浸透を妨げる

 

正しい洗顔方法を紹介しましたが、あなたの洗顔補法と比べてみていかがでしたでしょうか。

 

きらりのおめぐ実を使用しても効果が出ないというあなたは洗顔方法間違えていたのでは無いですか?

 

言葉じゃ今一ピントこないと言う方のために正しい洗顔方法の動画を用意しましたので、よろしければ参考にして見てください。

 

正しい洗顔方法が動画で見えます参考にしてください。

 

 

音が出るのでビックリしないでね!

 

 

部位別大人ニキビ